笑う門には福来たる?!

小さな笑いを届けたい!

鮒ずし

滋賀県の郷土料理に鮒ずしという食べ物があります。

f:id:waraukadoniwa:20200315195618j:image

皆さんは食べたことがおありでしょうか?これはかなり癖がありまして、匂いがかなり強烈にクサイんです。おじさんが一日履いた靴下の臭いがします。(大変失礼)

フナを用いた熟れ鮨(鮓)であり、滋賀県の名産である。飯と塩で作られるが、飯に漬けた後に酒粕に漬け直すこともある。その場合は、発酵臭が抑えられる。独特の香りがあり、魚肉のタンパク質がうまみ成分であるアミノ酸へ分解されたものである。主に琵琶湖の固有種であるニゴロブナが使用される。オスもメスともに使われるが、子持ちのメスのものは比較的高価である。

出典鮒寿司 - Wikipedia

 

食べると酸っぱいんです。臭さはあまり感じられません。

 

では、家族の前で開封してやります❗️

 

ハサミで少し切っただけで家族みんなで大合唱です。

 

 

ええ。クサイです。クサイですよ。誰も食べません。

 

一口食べて娘にふぅ〜と息を吹きかけてみます…

 

「くっさ!ファブリーズ持ってきて!

本気であっちに行ってくれへんかな〜せっかくの他の料理が台無しやわ」

 

部屋にファブリーズを振られながら食べた鮒ずしであった…

 

昔の人びとの知恵に感謝!

恵みの雨

私は農業をしている訳でもなく、かといって連敗中の野球チームでもない。

もちろん池が干からびている訳でもない。

 

しかしながら、恵みの雨は降ってくるのである。

f:id:waraukadoniwa:20200115130902j:image

日曜日の10時…

子供達は軽やかに腰を上げる。

 

日曜日朝6時半から、パウパトロールというアニメから始まり、戦隊モノのリュウソウジャーで終わりを告げる3時間半のアニメの時間である。

 

日曜日の10時…

私の腰は重くなるばかりである…

 

さぁ行くで!と言わないうちに靴を履き出し、いざ公園に向かうのである。

 

今の公園は圧倒的に寒い。私は寒さが苦手である。

 

出来れば早く帰りたい…

 

子どもは寒さなんて関係ない。

 

私は天に顔を向け、心の中で雨乞いの儀式を始める…

 

「雨降らしてくれませんか?神様。」

 

私はシャーマンでもないので、雨乞いの儀式は不発に終わることが多い。

 

ただ、たまに祈りが通じることがある。

 

嬉しさを顔に出さず冷静に子ども達に告げる。

 

「雨降ってきたから帰るよ!」

 

子ども達は残念そうにイソイソと帰るのである。

 

雨が降る。

同じ現象なのに嬉しい人と残念な人がいる。

世の中物事は善悪なんてないのかもね。立場が違えば考えも変わるしね。

 

なんてこと思いながらも、恵みの雨に感謝し、ニヤケテしまう私であった…

 

子ども達に日々感謝!

皆様にも日々感謝!

内緒やで。内緒。

昨日、仕事から帰り、リビングに行くと、3歳の二男が小さな声で…

 

「内緒やで。内緒。お昼にお寿司食べに行ったことは内緒。」と、呟いている。

 

f:id:waraukadoniwa:20200108123650j:image

 

???

 

「誰に内緒なの?」

 

「お父さんに。内緒やで。」

 

「わかった。お父さんに内緒な。」

 

可愛いやつだ。

 

家族に日々感謝!

皆様に日々感謝!

 

 

たたきごぼう

おせち料理の一つの「たたきごぼう」って皆さんご存知ですか?

 

ごぼうを4・5㌢ほどに切り、茹でる前に包丁の峰などでたたき、繊維を砕いて柔らかくし、甘酢などで味付けをする料理です。

f:id:waraukadoniwa:20200106123932j:image

毎年、おせち料理は義母が作っていたが世代交代ということで、今年は妻が作ることとなった。

 

ダーン!ダーン!ダーン!

 

晦日の日中、台所から何かを叩く音が家中に響き渡る。

 

妻がごぼうを叩いているようだ。

「たたきごぼうを作っているんだけど、割り箸状にならない。まだ、たたきが足りないのかも…」と、一本丸々のごぼうを擦り棒で何度も叩いている…

 

私も料理はさっぱりなので「そうなん?」とつれない返事。

 

ダーン!ダーン!ダーン!

 

見るとごぼうが粉砕され、あちこちに飛び始めており、ごぼうは粉々になりそうな状態である…

 

さすがに妻もおかしい?と思い始め、改めてレシピを見ると…

 

「叩いて柔らかくした後、割り箸状に切って下さい。」

 

「切らないとあかんらしいわ。叩いているうちに割り箸状になると思ってたのに…」

 

今年のたたきごぼうは、例年になく味が染み込んでいたのは言うまでもない…

 

 

妻に日々感謝!

皆様にも日々感謝!

 

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

f:id:waraukadoniwa:20200104115051j:image

皆さん私のこと覚えていらっしゃいますか?

 

12月初めから投稿できていませんでした…

 

携帯が壊れて…引き継ぎも出来ずに…ラインも消えて…住所録も消え…全てなくなりました…

 

しばし呆然…

 

しかし!新たな気持ちで、ぼちぼち頑張りますので、また覗いて下さいね。

 

今年も皆様に日々感謝!

 

 

おさがり問題

3歳の二男がテレビに夢中になっている時に、妻が家族会議を招集した。

 

議題は「二男のダウンジャケットだけ、長男のおさがり」という問題である。

f:id:waraukadoniwa:20191204125641j:image

「今年は二男には長男のおさがりのダウンを着てもらう予定です。あなた達2人のダウンは買ってきました。」

 

「え?それは怒るで〜うるさいで。」と長女。

 

「めっちゃ怒るで。最近かなりうるさいもん」と長男。

 

「それはかなりうるさいやろな。去年長男が来ていたダウンを、あたかも新品のようにして渡さないとあかんな。」と私。

 

長女と長男はおさがりを着る機会がない。

あなた達二人に二男の気持ちがわかるはずもない。

さらに、私は長男。妻は長女。

二男の気持ちがわかるはずもない。

 

家族会議での決定事項は、

「とにかく褒め倒すこと」となった…

 

二男にダウンを着せるや否や、

「めっちゃ似合ってるやん!」

「かっこいいな!フードもついてるやん!」

「水色が良く似合ってる!大きさもピッタリやわ!」

「ほんとや〜かっこいいな!」

 

家族総出で褒め倒しである。

 

二男は満更でもないようで、ニコニコ顔でダウンを着ている。

「かっこいいでしょ?」

長男が去年着ていたことは忘れているようである。

 

とにもかくにも作戦勝ちであった…

 

ただ…

二男が去年まで着ていたダウンを持って、

「これはもう小さくなったから、〇〇君(甥)にあげなあかんな。」と言っていたのである。

 

ひょっとして、二男はおさがりなのは知っていたのではないか?

 

一番大人なのは二男ではないのか?

 

と、アホみたいなことばかりする二男を見て考えた昼下がりであった…

 

家族に日々感謝!

皆様に日々感謝!